子ども用の帽子のデザインにも普通に入り込んでいるアメカジ

先日、子ども用の帽子を作ろうというイベントに行ったら「テンガロンハットとチューリップハットと、どちらにしますか?」という選択肢でした。テンガロンハットは、コテコテのウエスタン系アメカジを目指す人がかぶるものと思っていたので、ちょっと驚きました。見本を見たら、つばの端をくるんと上に上げたくらいのものでしたが、紐がついているので子供向けには便利そう。また、小学生の娘が麦わら帽子を買ってほしいというので見に行ったら、彼女の目に留まったのはストロー素材のパナマ帽。子ども用の帽子のデザインにはごく普通にアメカジが取り入れられているのですね。アメカジアイテムはもはや特別なものでなくなっているだけに、アメカジらしく着こなすのは難しくなりそうですね。


none

リンク